• 印刷する

ドイツ企業、ミャンマーの水処理事業に関心

ドイツ政府と企業の代表団が12~16日の日程で、最大都市ヤンゴン、第2の都市マンダレー、首都ネピドーを視察している。ミャンマーの水処理事業への参入に関心を示しているもようだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が14日伝えた。

代表団は各地の視察や、ミャンマー企業とのビジネスマッチングなどを行う。ヤンゴンでは12日、ドイツ経済エネルギー省(BMWi)と、ドイツの水道事業者が加盟するドイツ・ウオーター・パートナーシップ、在ミャンマー・ドイツ大使館が、水処理インフラについての会合を共催した。

在ミャンマー・ドイツ商工会議所(GIC/AHK)のマルティン・クロース氏は、「ミャンマーの水処理事業は始まったばかりだ」と指摘。視察を通じて具体的な事業が始動することに期待を示した。

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)水道・衛生局によると、市の東部、西部、南部では、2025年までに大規模な給水施設整備事業を計画している。 


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で酸素を供給 北島酸素、コロナ治療支える(10/22)

選管、総選挙実施への懸念を否定(10/22)

新たな感染者、1306人確認=20日夜(10/22)

ヤンゴン公営住宅、コロナで建設工事中断(10/22)

シャン州の5カ所、重点観光地域に指定(10/22)

ヤンゴン金市場、22日再開へ(10/22)

子宮頸がんの予防接種を開始、女児45万人に(10/22)

華為クラウドサービス、大手各社の利用拡大(10/22)

国軍徴用の少年2人が死亡、国連が調査要求(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン