• 印刷する

ベトナム、CPTPPの手続き完了

ベトナムの国会で12日、環太平洋連携協定(TPP11、CPTPP)が採択され、すべての手続きが完了した。ベトナムは参加11カ国中、日本やカナダなどに続いて7番目に手続きを完了した国となった。

CPTPPは日本やカナダ、オーストラリア、メキシコ、ニュージーランド、シンガポールが手続きを完了。12月30日に発効する予定となった。

CPTPPの発効により、ベトナムはモノの関税のうち66%が撤廃されるが、参加国の中では最も少ない。カナダは94%、チリは95%、日本は86%、メキシコは77%が撤廃される。発効から3年後には、ベトナムで撤廃される関税は86%に拡大される。

参加国の国民1人当たりの国内総生産(GDP)は、平均で3万米ドル(約330万円)ほど。ベトナムは2,380米ドルと、最も低い。世界銀行の試算によると、CPTPPにより、ベトナムの経済成長は30年までに1.1%押し上げられる。生産性を向上させれば、3.5%にまで上積みが可能という。国内で毎年2万~2万6,000人の雇用創出効果がある。ベトナムの計画投資省は、35年までにGDPを1.32%、輸出額は4.04%押し上げると試算している。

■輸出額は342億ドル

参加10カ国への輸出額は、342億米ドル。参加10カ国からの今年1月~10月20日の外国直接投資(FDI)は、121億米ドルを超えている。CPTPPの発効により、これまでFDIが少なかったカナダやオーストラリア、ニュージーランドからの投資拡大が期待されている。

経済的な利点とともに懸念点となっているのは、既存の国内法との整合性だ。CPTPPを円滑に運用するためには、256件の文書を見直す必要がある。この中には、労働法規や反汚職法、知的財産の保護法が含まれる。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

HCM市の大気汚染が深刻化 解決めど立たず、健康対策が急務(11/19)

三重県企業が商談会、食品中心に24社出展(11/19)

エコカー部品輸入などに優遇税制を=首相(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

地場の車企業が業績不振、韓国企業が買収も(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ハノイメトロ、従業員28%が休業も補充済み(11/19)

SCIC、クアンニン火力発電株売却へ(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

ビナテックス、2子会社から出資引き揚げへ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン