• 印刷する

日印3社、廃棄物発電所の整備で共同出資

会見にはタカラレーベンの島田和一社長(一番右)も出席した(ネットリンクス提供)

会見にはタカラレーベンの島田和一社長(一番右)も出席した(ネットリンクス提供)

インド南部のテランガナ、アンドラプラデシュ2州でインターネットサービスを手掛けるネットリンクスは9日、タカラレーベン、くにうみアセットマネジメントの日本の2社と連携し、テランガナ州に初の廃棄物発電所を整備すると発表した。

ネットリンクスは、事業多角化の一環と説明している。主に住宅開発事業を手掛けるタカラレーベンも同様だ。廃棄物発電所の整備には一方で、インド政府が推進する衛生環境の改善に貢献する役割もある。事業主体はネットリンクスが昨年に買収を発表したスリ・ベンカテスワラ・グリーン・パワー・プロジェクツで、発電所の出力は1万2,000キロワット(kW)。タカラレーベンとくにうみは最大30%を出資する。2社による具体的な出資額は不明だが、ネットリンクスが計画する同様の事業の投資額は1件当たり平均で26億ルピー(約41億円)前後。

発電所の設置先は、ハイデラバード都市圏の南部に決まっている。日立造船が技術協力し、設計・調達・建設(EPC)方式で実際の整備を担う。処理されるごみの量は1日当たり700トン前後で、稼働は1年半から2年後の予定。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの大部分の国民は…(05/10)

昨年度の電動車販売20%減 ローン提供不足、BtoBに期待(05/10)

鴻海、インド工場の従業員がコロナ感染(05/10)

デリー、ロックダウンを17日まで延長(05/10)

FII、米ウィスコンシン工場を稼働(05/10)

南部2州からの入境者、首都が隔離を義務化(05/10)

タミルナドで外出禁止、10日から24日まで(05/10)

ラジャスタン、10日朝からロックダウン(05/10)

豪、15日までの印からの入国禁止を延長せず(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン