流通分野の外資参入活発化 小売り・卸売り元年が到来か

経済成長に伴い国民の所得が拡大するミャンマーで、小売り・卸売り分野での外資企業の動きが活発化している。ショッピングモール開業に向けた調査を行う日本のイオンのほか、タイ財閥系、ドイツ大手が本格参入を急ぐ。ミャンマー政府は5月、一定額の初期投資を条件に外資系企業の…

関連国・地域: タイミャンマー日本欧州
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(15:44)

戦闘の避難民に仮設住宅、カチンで日本財団(11:57)

外国人に株取引を開放へ ヤンゴン証取、活性化に道筋(07/15)

大和証券グループが未上場企業向けファンド(07/15)

チャウピュー深海港、環境影響評価始まる(07/15)

外銀選定のコンサル業務、外資系4社が関心(07/15)

1~6月の査証入国の外国人観光客、33%増(07/15)

通信・製造業への投資関心、16年以降拡大(07/15)

マンダレー王宮の修復事業、7社が関心表明(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン