流通分野の外資参入活発化 小売り・卸売り元年が到来か

経済成長に伴い国民の所得が拡大するミャンマーで、小売り・卸売り分野での外資企業の動きが活発化している。ショッピングモール開業に向けた調査を行う日本のイオンのほか、タイ財閥系、ドイツ大手が本格参入を急ぐ。ミャンマー政府は5月、一定額の初期投資を条件に外資系企業の…

関連国・地域: タイミャンマー日本欧州
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、8万人超え 経済維持へ規制は強化されず(11/25)

20年度の輸出4割減ペース、コロナ禍(11/25)

電子政府第2次基本計画を策定へ、通信省(11/25)

韓国KB国民銀、12月に現法開設へ(11/25)

マイクロ金融、11~12月返済を5月まで猶予(11/25)

グラブフードが1周年、注文24倍に成長(11/25)

12月のヤンゴン発日本便、週3回に(11/25)

中国企業、シャン州北部で契約農業を始動(11/25)

ロヒンギャ問題、司法当局が捜査状況報告(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン