• 印刷する

テイクオフ:内外の注目を浴びる中国…

内外の注目を浴びる中国国際輸入博覧会。習近平国家主席は初日の演説で、中国の輸入額は向こう15年でモノとサービスを合わせて40兆米ドル(約4,530兆円)を超えると見通した。輸入大国化を掲げ、世界に開かれた中国をアピールする姿勢が、保護主義に突き進むトランプ米政権へのけん制であることは疑い得ない。

思い起こせば、日本でもかつて、政府が輸入拡大の音頭を取った時代があった。日米貿易摩擦が激しかった1985年、当時の中曽根康弘政権は「手を結べ、輸入で世界の国々と」というキャッチフレーズを打ち出し、1人当たり100米ドル相当の外国製品を買おうと国民に呼び掛けるなどした。

当時の日本を上回る激しい対米貿易摩擦に対処を強いられている中国だが、輸入特化の超大型見本市を開くという発想一つ取ってもスケールが違う。まずは輸入博の成果に注目だ。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ上海でも秋は深まり…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

テーマパーク、20年に米超え 入場者2.3億人に、市場拡大続く(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

自動車在庫さらに増加、ディーラーに負担(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

ネット通販のゴシップ、増資を獲得(11/14)

米中貿易摩擦の影響は限定的、商務省報告書(11/14)

中国と改定FTAに調印、李首相来訪で(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン