• 印刷する

テイクオフ:タイ北部の山奥メーサロ…

タイ北部の山奥メーサロン。戦後、中国共産党との内戦を逃れてきた国民党の残党が作った村だ。森を開墾しつつタイ政府の共産勢力追討に協力し、タイ領内に居住を許された。兵士たちは土地の女性と結婚し、世界の冷戦も終わって、村は今、茶の生産で有名だ。

初訪問した1978年、泊まった民家には銃があり「これで毛沢東と戦った」と、老人が自慢げに話してくれた。2度目に来た97年、村の歴史は観光資源となり、司令官だった段希文将軍の墓では、元部下の黄家福さんが軍服姿で墓守をし、台湾観光客の相手をしていた。

今、墓守は張泰華さん(61)が務める。段将軍を直接知る最後の世代だろう。歴史を伝えようと、村に博物館も建った。その脇の茶店で、祖父が国民党の兵士だったという女主人は、世界女子バレーボールのテレビ中継に見入り、中国を熱烈に応援していた。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

関西電力、帝人のタイ工場向けに熱電供給(02/22)

1月の自動車生産は8%増 国内向け好調、輸出用に減速感も(02/22)

1月の自動車輸出、1%減の8.2万台(02/22)

マルカキカイ、タイでの車部品輸出から撤退(02/22)

チェンマイのレッドライン、事業化調査開始(02/22)

スワンナプーム第2ターミナルの設計破棄へ(02/22)

中国能源、ウタパオ空港の発電事業に参画(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

発電ラチャブリ、年内に最大920億円を投資(02/22)

タイオイル、23年までにユーロ5軽油を生産(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン