• 印刷する

上海ガニ15トンにダイオキシン、市場に流出も

台湾の衛生福利部食品薬物管理署(食薬署)は24日、中国産の上海ガニ(中国語:大閘蟹)計107.67トンを対象に行った検査で、うち14.954トン分に基準値を超える有害物質のダイオキシンが検出されたと発表した。

該当する上海ガニは、安徽省明光市と江西省九江県の養殖場で養殖され、貿易会社である喬艾舶国際企業と侑豊企業の2社が輸入した。25日付中国時報によると、14日に輸入されてから発覚するまでの9日間で、既に市場に流出しており、ホテルなどに出荷された可能性がある。

基隆地方検察署(基隆地検)は業者が輸入許可を取得せずに輸入・販売を行ったとして、現在捜査中。海洋委員会海巡署と食薬署との協力のもと、引き続き捜査を続ける。

食薬署によると、食品から基準値を超えるダイオキシンが検出された場合、業者に最大8,000万台湾元(約2億9,000万円)以下の罰金が科される。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

二林精密機械園区、環境アセス初審通過せず(12:19)

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…(01/23)

19年は7割が人件費上昇実感 許容限度せめぎ合い、NNA調査(01/23)

クラウドエース、台湾法人を設立(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

5G商用化、早ければ20年末にも(01/23)

ウーバー台湾がTTA加入、米本部と人材育成も(01/23)

通信機器の智邦、苗栗工場建設で1千人募集へ(01/23)

19年の世界半導体設備投資、4年ぶりマイナス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン