• 印刷する

家具製造など投資4件認可、総額3千万ドル

投資認可当局であるカンボジア開発評議会(CDC)によると、家具製造などの投資案件4件を認可した。総額は約3,000万米ドル(約33億円)で、全てシアヌークビル経済特区(SSEZ)に工場を新設する投資計画となる。

クーガー・ウッド・インダストリーは、1,495万米ドルを投じて新工場を設ける。合板と家具を製造し、162人を雇う。

カンボジアン・トロピック・フロアリングは、650万米ドルを投じ、合板や家具の製造工場を建てる。540人を雇用する。

グローリー・アライアンス(カンボジア)は、バッグ・スーツケースの製造工場を建設する。投資額は564万米ドル、雇用創出は380人を見込む。

インビスタ・デコーは、150万米ドルを投じて工場を新設する。135人を雇用し、合板や家具を製造する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで(06/19)

石油管理法案、国会で可決(06/19)

ロイヤル、シアヌークビル州に発電所建設へ(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

オリンピア・シティーの高架歩道、今週開通(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

カンボジア投資のファンド業者に処分勧告(06/19)

ARB、カンボジア損保のシステム構築へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン