• 印刷する

蔚山市、現代自と燃料電池車の普及で提携

蔚山市は、現代自動車や自動車品業者9社と、燃料電池車に関する覚書(MOU)を22日に締結したと発表した。自動車業界と包括的に連携し、普及を目指す。

現代自と部品会社らは、9,000億ウォン(約898億円)を投じ、年間3万台の燃料電池車を生産する計画。投資を通じ、2,200人の雇用創出を期待する。

蔚山市と現代自は燃料電池バスの投入でも協力する。往復56キロメートル(蔚山124番バス)の区間で1日2回運行する。韓国で正規路線に投入する初めてのケースとなる。充填は、2017年に開設した玉洞水素ステーションを利用する。

韓国政府はこれに合わせ、来年まで全国のバス路線に30台の燃料電池バスを投入する計画を発表。22年までにバス1,000台を含む、1万6,000台以上の燃料電池車の普及させる考えだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン