大企業、中小企業との賃金格差解消を支援

サムスン電子や現代・起亜自動車、SKハイニックス、LG化学、ポスコなど韓国の大企業8社が、中小企業との賃金格差の解消に向け約6兆2,000億ウォン(約6,080億円)を拠出する。中小企業育成への大企業の取り組みを評価する任意団体「同伴成長委員会」と10日に協定を結んだ。 …

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまで盛んに行われた…(08/20)

韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(08/20)

アップル、韓国で32万人の雇用創出(08/20)

LGディスプレー、上期R&Dが過去最大(08/20)

造船各社、高付加価値船を相次ぎ受注(08/20)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン