• 印刷する

日焼け止めが主因、マヤ湾のサンゴ破壊

タイ天然資源・環境省の国立公園・野生動物・植林局は、南部クラビ県ピーピー諸島のピーピーレイ島にあるマヤ湾のサンゴ破壊の主因が日焼け止めクリームに含まれる化学物質であると明らかにした。サンゴの50%以上が化学物質の影響で被害を受けている。8日付バンコクポストが報じた。

環境回復を目的としたチームの調査によると、サンゴは化学物質の影響で白化現象を起こしており、最悪の場合は死滅に至っている。この他、観光客を乗せたボートのいかりとプロペラによる接触もサンゴ破壊の要因となっている。

マヤ湾は、米俳優レオナルド・ディカプリオさん主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地として知られ、観光客が殺到したことで環境破壊が深刻化したため、毎年6~9月の4カ月間閉鎖されることになった。今月1日に再開予定だったが、環境回復が進まないことから、無期限閉鎖が決まった。

閉鎖期間中、マヤ湾のビーチへの上陸は禁止されているが、沖合250~300メートルからのボートによる観光は許可されている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

コインランドリー市場に勢い 日本企業も参入、都市で需要狙う(07/22)

ディーン&デルーカ、国内100店体制目標(07/22)

郵船ロジが改修倉庫を披露、顧客基盤拡大へ(07/22)

運輸相、空港整備加速に予算配分見直しも(07/22)

ナコンパトムに新空港建設を検討=運輸当局(07/22)

BTS、30分超の遅延で運賃払い戻し(07/22)

ブルーライン延伸区間、29日から試験運行(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン