• 印刷する

《日系進出》日立造船、ハノイに支店開設

日立造船は1日、ベトナムの子会社、日立造船ベトナム(HZV)が、ハノイに支店を開設したと発表した。同日に業務も開始した。

ハノイ支店は、ホアンキエム区ファンチューチン通りのオフィスビル、サンレッドリバーの8階に入居する。鈴木嘉治氏が支店長を務める。

日立造船はホーチミン市に事務所とHZV本社を置いているが、ハノイとその近郊都市でごみ焼却発電プラントの建設プロジェクトの計画が見込まれていることから、ハノイ市や中央官庁などからのより密な情報収集や営業活動が必要と判断し、支店開設に至った。ごみ焼却発電プラントに加え、他の製品の営業・調達支援、HZVの運転・メンテナンス(O&M)の営業活動も展開していく。また、HZVが目指す東南アジアのエンジニアリング拠点化に向けて、近隣国の拠点と連携しながら、域内全域のプロジェクトにも対応していくという。

日立造船は、ベトナムで化学プラント、水力発電施設への水門、水圧鉄管の納入実績がある。昨年には、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、川崎市)のプロジェクトで、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントを納入した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【フィンテック】料金徴収代行のPayooが好調 国内8000カ所で対応、月間230億円(12/14)

トヨタの11月販売、38%増の7400台(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

フォード、11月の販売台数が過去最高(12/14)

韓国ジオモーターズ、電動バイク生産へ(12/14)

北西部の道路整備、ADBが1.9億ドル融資(12/14)

不動産在庫23兆ドン、最多時の5分の1に(12/14)

カマウ省のごみ処理問題、深刻化(12/14)

倉敷紡績、HCM市に販社設立(12/14)

モビフォン、TPバンクの全保有株売却へ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン