• 印刷する

ADB成長率予測、比を今年6.4%に下方修正

アジア開発銀行(ADB)は26日、最新の「アジア経済見通し(ADO)」を発表した。フィリピンの今年の国内総生産(GDP)成長予測は、前回から0.4ポイント引き下げて6.4%とした。同国では、インフレ圧力の高まりにより、金融引き締めの傾向が続くと見込む。

今年のGDP成長率予測は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国のうち6カ国を下方修正した。引き下げ幅はフィリピンが最も大きく、マレーシアが0.3ポイント、ラオスとミャンマー、ベトナムがそれぞれ0.2ポイント、インドネシアが0.1ポイント下がった。ASEAN全体の成長率は、前回の5.2%から5.1%に引き下げた。

改訂後の今年のASEAN成長率は、カンボジアの7.0%が首位。ベトナムが7.1%から6.9%に下方修正されて2位となり、ラオスとミャンマーが3位タイ。フィリピンは、5位に落ち込んだ。

ADBは、フィリピンの成長率予測の改訂について、今年上半期(1~6月)に鈍化したことと、農業生産と輸出の低迷、インフレ率の上昇などを理由として挙げた。フィリピン中央銀行がさらなる金融引き締めを示唆していることに言及した。今年のフィリピンのインフレ率の予測値は、前回の4.0%から5.0%に引き上げた。

ケリー・バード・フィリピン担当カントリーディレクターは「フィリピンのファンダメンタルズ(基礎的条件)は強固で、インフラ開発への公共投資が増えることで成長率は上向いていく」と指摘。来年のGDP成長率は0.2ポイント引き下げの6.7%と予測した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オルティガスで都市開発活況 日系も名乗り、道路・鉄道整備で(09/13)

8月の新車販売2.4%減、7カ月ぶり減少(09/13)

投資委の認可額、1~8月は2倍超(09/13)

サンミゲル、日系と共同出資の2社合併(09/13)

米中貿易摩擦、経済改革で好機に=貿産相(09/13)

新たな鉱業政策立案へ、露天掘りも焦点に(09/13)

港湾庁、2港湾改修で月内協議開始(09/13)

固定資産税の査定統一、下院で法案承認(09/13)

通信グローブ、ヨンドゥの51%株取得(09/13)

〔セブ通信〕セブ市、経済区庁に土地貸出(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン