• 印刷する

《知財》ペッパピッグ商標侵害、被害は数千万ドル

世界的に人気の高い子豚のキャラクター「ペッパピッグ」が商標権侵害で被った損失額は、中国国内だけで数千万米ドル(1米ドル=約113円)規模——。英エンターテインメント・ワンUKのブランド管理責任者はこのほど、ニュースサイト澎湃新聞の取材に対して、同社の知的財産権侵害による被害額を明らかにした。

ペッパピッグはエンターテインメント・ワンUKと英アストレー・ベイカー・デイヴィス社が共同制作したキャラクター。2004年にアニメ化され、世界180カ国余りで40種以上の言葉に訳され人気を博している。

澎湃新聞が25日に伝えたところによると、ペッパピッグの名前が中国で初めて商標登録申請されたのは、国内でアニメが放映される前の11年11月で、申請者は「揚州金霞塑膠有限公司」。対象は電動歯ブラシ、くし、ブラシ、つまようじなどで、13年1月には商標登録が認められた。

中国国営中央テレビ(CCTV)などで15年6月から正式な放映が始まってからは、ペッパピッグの中国名「小猪佩奇」をはじめ、登場キャラクターの名称やイメージ画像などが相次ぎ無断で商標登録申請されたという。

インターネット上ではキャラクターを無断使用した関連商品などが大量に出回っており、既に正規品と偽物の見分けがつかない状態。エンターテインメント・ワンUKは17年1月、警察当局と共同で広東省汕頭(スワトー)、東莞の両市で取り締まりを実施し、キャラクターを無断使用した商品1万3,000点以上を発見した。民事提訴による損害の回復も積極的に進めているが、偽物が出回るスピードは速く、いたちごっこの状態が続いているという。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

債務の株式化促進へ、国務院が環境整備(13:10)

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

華為が独自OSか、グーグル対抗(05/23)

香港と本土の薬品当局が協定 大湾区での認証、巨大市場に期待(05/23)

テイクオフ:広州を走るタクシーで電…(05/23)

猶予期間中はソフト更新、米グーグルが声明(05/23)

香港の優遇措置、6月にも発表=韓正副首相(05/23)

米系企業、関税の応酬に悲鳴 75%が悪影響を予測、商議所調査(05/23)

グーグルの華為取引停止、NCCが説明要求(05/23)

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン