• 印刷する

テイクオフ:「結構小さい施設なのに…

「結構小さい施設なのに、あんなところで試合するんだな」――。先週、出張で一時帰国した際、旧知の友人がつぶやいた。話題の主は、女子テニス選手の大坂なおみ。日本人として初めて四大大会の一つである全米オープンのシングルスを制覇し、世間の注目を集める時の人だ。

東レ・パンパシフィック・オープンに出場するため、日本に来ていたのだ。会場は友人宅から程近い東京・立川にある。圧倒的なテニスの実力と共に、チャーミングなキャラクターで世界中のファンを魅了する彼女。一目見たいと駆けつけた人も少なくなかっただろう。

そんな大坂が目指しているのが、当地で開催されるWTAファイナル出場だ。上位8人に出場権が与えられるツアーの年間獲得ポイントランキングで3位に浮上。目標達成が視野に入っている。シンガポールでぜひとも彼女の雄姿を見てみたい。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本米国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のシンガポールでも…(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

明治屋、来年6月に中心部で2号店開業(12/10)

東大系投資会社、アストロスケールに出資(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

陸上庁、駅で自律走行警備ロボットを試験導入(12/10)

ケッペル、無錫でスマートシティー開発(12/10)

国有地14区画放出、住宅建設可能戸数は減少(12/10)

公営住宅の新規供給、19年は1万5千戸(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン