• 印刷する

テイクオフ:友人と買い物に行った際…

友人と買い物に行った際、道路脇に物乞いがいた。赤ん坊を腕に抱え、もう一方の手におわんを持っていた。友人はお金を入れたが、自分は入れなかった。

かつては、物乞いを見かけるとお金を渡していたが、最近はあまりしない。10歳くらいの時、放課後の学校近くのレストラン前に、交通事故で両足を切断し歩けないと書いた紙を置いた物乞いがいた。かわいそうに思い、ありったけのお金を渡したが、その後レストランで家族と食事をしていると、歩けないと言った物乞いが走って道路を渡っていった。だまされたと悔やんでも遅い。以来、物乞いは疑心暗鬼の目で見ている。

お金を渡すことで、物乞いビジネスが成り立ってしまうとも思う。高齢者が小さなお菓子を売って小遣いを稼ぐように、健全な売り買いが成立する方が、喜んで購入し、支援しようという気になる。(蔡)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(12:26)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン