• 印刷する

テイクオフ:台湾でなかなか理解でき…

台湾でなかなか理解できないことの一つが、政治家と黒道(マフィア)の関係だ。日本では、裏ではともかく、政治家が暴力団組長の葬儀に花を送ったら政治生命を絶たれるだろう。だが、台湾では違うらしい。

先日行われた、ある黒道の大物の葬儀。葬儀委員会には地元の民進党の政治家が名を連ね、なんと蔡英文総統と頼清徳行政院長も哀悼の言葉を送った。黒道は伝統的に国民党との関係が深いとばかり思っていたが、そうとは限らないらしい。今回亡くなった大物が所属するのは土着の台湾人中心の組織で、民進党に肩入れしているという。

黒道はさまざまな業界に食い込んでおり、選挙の際には集票マシーンとして動くとされる。そのため簡単には縁は切れないようだ。二大政党制による政権交代が根付き、日本よりも民主的と称されるが、それだけでは語り切れない部分が台湾にはまだまだある。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン