• 印刷する

国内スマホ市場、中国シャオミがシェア拡大

中国のスマートフォン大手、小米科技(シャオミ)は、インドネシアのスマートフォン市場で急速にシェアを拡大している。米系IT調査会社インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)の統計によると、第2四半期(4~6月)の市場シェアは、1位の韓国サムスン電子の27%に続いて、シャオミが25%で猛追している。

シャオミは販売台数を前年同期比で9倍以上伸長し、シェア3位(18%)の中国OPPOを大きく引き離した。前年同期のシャオミのシェアは3%だった。

IDCインドネシアのマーケットアナリスト、リスキー・フェブリアン氏によると、シャオミは広告費を最小限に抑え、販売店へのマージンも低くして競争力のある価格で販売し、シェアを拡大させた。「OPPOやVIVO(ビーボ)など、宣伝費を多く投入した他の中国メーカーとは全く正反対の戦略で市場シェアを伸ばした」と説明。また。インドネシアの生産パートナーのサト・ヌサプルサダ・バタムが第2四半期に生産能力を拡大したことも価格引き下げに貢献し、販売拡大につながったと付け加えた。

第2四半期のOPPOとVIVOのスマホは平均220米ドル(約2万4,000円)。これに対し、シャオミは同130米ドルだった。

第2四半期のインドネシア国内のスマホ販売台数は前年同期比18%増の940万台だった。


関連国・地域: 中国韓国インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

冷凍冷蔵用の蒸発装置にセーフガードを検討(13:03)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:アパートの決まりごとが…(11/13)

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入(11/13)

住商系SCSK、今月正式開業へ(11/13)

投資のポジティブリスト策定、来年から実施(11/13)

日本大使が投資庁長官を表敬訪問(11/13)

チリウン川の自動ごみろ過装置、予算案承認(11/13)

ニッケル鉱石の一時輸出停止、9社を解除(11/13)

インドネシア社、リコジ16の保有率18%に(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン