• 印刷する

地理的表示商品、今年の売上高136億円予測

タイ商務省知的財産局(DIP)のトサポン局長は、特定の地域で生産された商品に使用が認められる地理的表示(GI)を得た商品の売上高が今年、40億バーツ(約136億円)以上になるとの予測を明らかにした。同局は今後もGI登録を進めて、地方の所得向上につなげる。6日付バンコクポストが報じた。

昨年の売上高は37億バーツだった。2016年以前については集計されていないため不明だ。

これまでに登録されたGIは、66県の99品目。現在は南部パンガー県の「サリカ・ドリアン」を審査している。同局は来年もGI登録を進め、全国77都県で最低1品目は登録するようにする方針だ。

海外でのGI登録も進める。これまでに、欧州で高級香り米「トゥンクラーローンハイ・ホームマリ」、北部チェンライ県の「ドイチャン・コーヒー」「ドイトゥン・コーヒー」が、インド、インドネシアで北部ランプン県のタイ・シルクが登録済み。

現在は中国でトゥンクラーローンハイ・ホームマリ、北部ペチャブン県のタマリンド、パクパナン・タプティム・サイアム・ブンタンを、カンボジアでドイトゥン・コーヒー、ペチャブン県のタマリンド、北ランプン県の乾燥ロンガンを申請中。

今後は、北部ウタラディット県の「フエイモン・パイナップル」、ドイチャン・コーヒー、ドイトゥン・コーヒーについて日本で登録申請する計画だ。

一方、タイで登録されている外国産のGIは、カンボジア・カンポット産の胡椒、ラオス・ボラウェン産のコーヒーなど16品目。


関連国・地域: タイ
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月は日本の自治体の知…(11/20)

政府、タイ出稼ぎ労働者の合法化に苦慮(11/20)

3QのGDP成長率は3.3% 1.3P鈍化、内需拡大も輸出減速(11/20)

BOIが新たな投資振興策、HV生産も認可(11/20)

IHI、低温倉庫向け自動設備を受注(11/20)

タイ航空ケータリング部門、北部に新工場(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

国営トランスポート、小包宅配への参入計画(11/20)

サイアムピリヤ、週末市場で商業施設開業へ(11/20)

エリシアン、北部チェンダオで住宅開発へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン