• 印刷する

保険アクサの同業買収、通知遅れで罰金

フィリピン競争委員会(PCC)は4日、フランスの保険大手アクサ(AXA)による損害保険会社XLグループ(本拠・英領バミューダ諸島)の合併・買収(M&A)について、通知が遅れたアクサに罰金を科したと発表した。PCCがM&Aの届け出の遅れに罰金を科すのは初めて。M&A自体は承認した。

PCCによれば、M&Aの契約締結から30日以内の通知を義務付けているものの、アクサからの通知は3月5日の契約日から112日が経過した6月25日だったことから、規定に基づきフィリピン事業の売上高の0.0005%に相当する12万3,862ペソ(約26万5,600円)の罰金を科す。

PCCのバリサカン委員長は、「通知義務を順守するよう各国の企業に注意を促したい」とコメント。PCCはこれまで、M&A154件(うち国際的M&Aは44件)の通知を受け、143件を承認した。

アクサはフィリピンでは、現地法人フィリピン・アクサ・ライフ・インシュアランスなどを通じて事業を展開している。PCCによれば、アクサが生命保険中心、XLが損保中心であることから、国内の競争を阻害しないと判断して合併は承認した。合併はアクサの子会社キャメロット・ホールディングスを通じて行われ、XLはアクサの完全子会社となった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

経済区庁、税制優遇は「条件付き」(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン