連邦制移行に15年かける案、予算省は反発

フィリピンのドゥテルテ政権が推進する連邦制への移行期間をめぐり、政府内の足並みに乱れが生じている。国家経済開発庁(NEDA)が移行には5段階で15年が必要と提案しているのに対し、予算管理省は3年で十分との見解を示した。ジョクノ予算管理相は、ドゥテルテ大統領の任期…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

〔ミンダナオ通信〕日本、配電工事車両を納入(08/20)

アヤラ系電力会社、発電所増設前倒しへ(08/20)

建材ウィルコン、25年までに100店体制に(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン