仲恩生医、幹細胞新薬が米国で第2相臨床へ

幹細胞研究を行う仲恩生医科技(ステミネント)が開発している神経疾患「脊髄小脳変性症」向けの幹細胞新薬が近く、米国で第二相臨床試験(フェーズ2)の段階に入る見通しだ。アジアの企業としては初めて、ヒト由来間葉系幹細胞(MSC)医薬品のフェーズ2を米国で実施するとい…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、域内感染が過去最多の29人(05/14)

台北和平医院でコロナ感染者、救急外来停止(05/14)

鴻海がフィスカーと正式契約、米国で生産へ(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン