【肖像】プラズマで製靴業界に新風を APプラズマの張加強董事長

台湾のものづくり企業が集積する台中市。そこから生まれたスタートアップ、大気電漿(APプラズマ)の開発した技術が、世界の靴メーカーから注目を集めている。電気が流れる気体のプラズマを照射して靴底を貼り合わせるというもので、環境対策やコスト削減につながるとして、製靴…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾には「台風休み」と…(07/27)

SDGsで変わる台湾社会 オードリー・タン氏が語る(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新型コロナの域内感染、26日は10人(07/27)

ワクチン第4ターム、83年以前生まれが接種可(07/27)

居留証持たない外国人、27日以降も入境禁止(07/27)

高端のコロナワクチン、公費対象に(07/27)

コロナワクチン接種率、目標の25%を達成(07/27)

TSMC、日本での工場設置へ協議(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン