• 印刷する

JBIC、比政府とインフラ開発協力で覚書

国際協力銀行(JBIC)はこのほど、フィリピン政府とインフラ開発における戦略的協力関係の強化に関する覚書(MOU)を締結した。インフラ開発に対する日本企業の事業参画や技術提供を促進する。

JBICが7月に創設した新基金「質高インフラ環境成長ファシリティ(QI―ESG)」の活用も視野に入れ、ドゥテルテ政権が進めるインフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」での協力・連携を強化する。

JBICはまた、フィリピン政府が発行した総額1,542億円相当の円建て外債(サムライ債)の一部を15日に取得したと発表。JBICによる同国政府のサムライ債発行への支援としては、2010年3月の保証供与に続くものとなる。

フィリピン政府は、8年ぶりとなるサムライ債を15日に発行した。3年物が表面利率(クーポンレート)0.38%で発行額は1,072億円、5年物が同0.54%で62億円、10年物が同0.99%で408億円の3本立て。今年3月には、初の人民元建て国債(パンダ債、3年物)を14億6,000万元(約237億円)相当発行していた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジョギング、筋トレ、何…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

通信塔、整備急ピッチ 1カ月で900件認可、大統領指示(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

コロナ感染新たに2833人、計29万4591人(09/24)

仲裁判断巡り中国非難、国連演説で比大統領(09/24)

中国の偽アカウント削除、フェイスブック(09/24)

衣料ANAP、日系企業と資本提携へ(09/24)

経営者協会、EUの関税優遇停止は打撃(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン