• 印刷する

ブロックチェーンの研究ハブ、首都で開設

インドネシアのスタートアップ企業、ハラ(HARA)は16日、南ジャカルタでブロックチェーン(分散型台帳)技術の開発や研究拠点となる「インドネシア・ブロックチェーン・ハブ」を開設した。開設に当たって創造経済庁(Bekraf)、インドネシア商工会議所(カディン)、インドネシア・ブロックチェーン協会と提携した。

20日付ジャカルタ・ポストによると、ハラのレジ・ワヒュ最高経営責任者(CEO)は「インドネシア・ブロックチェーン・ハブでは、定期的にブロックチェーン企業の会合を開くほか、一般向けの研修も開催する」と説明した。ブロックチェーン開発企業向けのコワーキングスペース(共同オフィス)も提供するという。

ハラは、農業分野でのブロックチェーン技術の活用を手掛けており、同社が開発した農地の所有権を登録するソリューションは、国内110カ所の村落の小規模農家5,000軒が利用している。東ジャワ州では国営バンクネガラインドネシア(BNI)と提携し、農家に対し270件のマイクロファイナンス(小口融資)実現を支援した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

1~4月セメント販売量、前年同期比16%増(05/11)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/11)

アパレル儒鴻、インドネシア工場年内稼働へ(05/13)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン