• 印刷する

HCM市で腕時計「オリエント」の専門店

セイコーエプソンは18日、代理店と協力しベトナムのホーチミン市に腕時計「オリエント(ORIENT)」のモノブランド店(専門店)をオープンした。ベトナムではハノイに続く2店目。

ベトナムでは、「オリエント」や上位ブランドである「オリエントスター(Orient Star)」は代理店経由で販売されており、取扱店は約150店。オリエントブランドの商品は150~500米ドル(約1万7,000~5万5,000円)、上位ブランドのオリエントスターの価格は500~2,000米ドルが中心。両ブランドとも機械式が大半を占める。ホーチミン市のモノブランド店は3区にオープンし、およそ200種類の商品が陳列される。

セイコーエプソンのウエアラブル機器事業部で販売・マーケティングを担当する大谷和志部長は「ベトナムでは毎年売り上げが伸びており、特に上位ブランドのオリエントスターの販売割合が他のアジア諸国よりも高い点が特徴」と話す。大谷部長は、時刻を確認するだけであればスマートフォンでじゅうぶんと考える消費者も多い一方で、若年層や30~40代でも「手をかけて作られた機械式時計を身につける喜び」を求める層が広がっていると市況を分析する。また、日本の技術に対する好感度が高いことも、販売を支える要因になっている。

機械式時計は、平均3~5年ほどでメンテナンスが必要になることが多い。大谷部長は「手入れを続けることで長く使い、親から子、子から孫へと、世代を超えて使い続けてほしい」と語った。今後も代理店と協力し、モノブランド店を毎年増やしていく方針だ。

ホーチミン市3区で18日、腕時計「オリエント」ブランドの専門店がオープンした。セレモニーでは、店の内外でベトナム式の獅子舞が演じられた

ホーチミン市3区で18日、腕時計「オリエント」ブランドの専門店がオープンした。セレモニーでは、店の内外でベトナム式の獅子舞が演じられた


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

海洋のプラごみに強まる懸念 「廃棄物が世界4位」の統計も(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

エミレーツ航空に罰金1500万ドン(02/15)

携帯各社に販促の一時停止を命令、政府(02/15)

PPP方式の高速道、試行停止で費用返還(02/15)

グラブ競争法違反問題で新証拠、調査継続へ(02/15)

HCMメトロ、20年10月までには試運転を(02/15)

ロンタイン空港、年内に調査完了を=副首相(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ベカメックス、ビンズオン水道社株売却へ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン