• 印刷する

ロヒンギャ独立調査委、1年以内に報告書

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を調査する独立委員会は16日、首都ネピドーで記者会見し、来年8月までの1年以内に調査結果に基づく報告書を大統領に提出する方針を明らかにした。

声明では、ミャンマー政府側が、独立委員会が調査に伴い接触する被害者や目撃者などを保護し、調査に協力することでハラスメントや脅迫を受けることがないようにすることも明記した。必要に応じ、法律、法医学の専門家も招へいする。

独立委員会は人権侵害に関する申し立てやロヒンギャの武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)が関係するラカイン州内での襲撃事案などを調査する。

独自のウェブサイトも立ち上げるとしており、進ちょくを透明性を持って発信していくことが狙いとみられる。次回の会合は2週間以内に行うとした。

独立調査委員会は7月末、議長であるフィリピンのロサリオ・マナロ元外務副大臣と日本の大島賢三・元国連大使、ミャンマー人の元憲法裁判所長官、国連児童基金(ユニセフ)元職員の4人で発足。記者会見の前日の15日には、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と初会談した。


関連国・地域: ミャンマーフィリピン日本バングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

高知の技能実習生、ミャンマー現法で雇用(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン