「新たな公共交通」へ加速、カーシェア

【共同】手軽に車を共有できるサービス「カーシェアリング」の利用者が増えている。民泊と並ぶ「シェアリングエコノミー」(共有型経済)の代表格で、維持費の高さから車を持たない都市部の住民を中心に人気だ。最大手が「新たな公共交通」として普及に取り組む一方で、自動車メー…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車サービス


その他記事

すべての文頭を開く

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

天丼てんやが香港1号店 5年で10店体制へ(12/13)

テイクオフ:オーストラリア連邦政府…(12/13)

三井アウトレット台中港が開業 19年目標は売上50億元・集客800万人(12/13)

5Gで地域限定枠を設定へ、新技術で地方創生(12/13)

110万台目標は達成可=業界 11月単月の新車販売、10万台弱か(12/13)

移転価格税制に対策を、大垣共立銀セミナー(12/13)

富士通ゼネ、豪空調企業買収 サービスメンテ分野に参入(12/13)

オネストビー、小田急百貨店と提携(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン