サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力

韓国サムスングループでバイオ医薬品を開発するサムスンバイオエピスは20日(現地時間)、武田薬品工業との協力を通じて、急性膵臓(すいぞう)炎の治療薬候補「TAK-671」の臨床試験(治験)を米国で始める。これまでバイオシミラー(バイオ後続品)の製造を行ってきたサムスンにと…

関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、33人増の1万3512人(18:06)

現代自の生産方式、1ラインで複数対応へ(19:56)

テイクオフ:朴元淳ソウル市長が自殺…(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

海外入国者への防疫を強化 感染拡大、ビジネス往来は推進へ(07/14)

新型コロナ感染者、62人増の1万3479人(07/14)

ラインフレンズ、ゲーム大手ネクソンと提携(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン