サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力

韓国サムスングループでバイオ医薬品を開発するサムスンバイオエピスは20日(現地時間)、武田薬品工業との協力を通じて、急性膵臓(すいぞう)炎の治療薬候補「TAK-671」の臨床試験(治験)を米国で始める。これまでバイオシミラー(バイオ後続品)の製造を行ってきたサムスンにと…

関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランスとドイツの国境…(06/27)

日韓関係、企業の懸念相次ぐ 討論会でリスクに言及(06/27)

トランプ氏が財界トップと会談か=韓国紙(06/27)

サムスン、ドイツテレコムと5Gなど協力へ(06/27)

サムスン次期折り畳みフォン、携帯性重視か(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

年内にソウル自動運転地図を作成、ネイバー(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

LG、フィンランドQtとOS技術開発で提携(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン