サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力

韓国サムスングループでバイオ医薬品を開発するサムスンバイオエピスは20日(現地時間)、武田薬品工業との協力を通じて、急性膵臓(すいぞう)炎の治療薬候補「TAK-671」の臨床試験(治験)を米国で始める。これまでバイオシミラー(バイオ後続品)の製造を行ってきたサムスンにと…

関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン