• 印刷する

米中貿易摩擦で年6兆ドン損失=政府研究所

ベトナム計画投資省傘下の国家社会経済情報予測センター(NCIF)がこのほど発表した報告書で、米中貿易摩擦で発生するベトナムの国内総生産(GDP)の損失が年平均6兆ドン(2億5,800億米ドル、約287億円)に上るとの予想を示した。9日付VNエクスプレスが報じた。

NCIFは、米国が中国からの輸入品818品目(340億米ドル)の製品に25%の追加関税を課す対中制裁措置を発動した状況での影響を試算。ベトナムのGDPの損失は、2018年に1兆6,500億ドン、19年に5兆3,000億ドン、20年に7兆5,000億ドン、21年に8兆ドン、22年に7兆8,000億ドンとなり、年平均6兆ドンの損失と予想した。

これにより、GDP成長率は18年に0.03%、19年に0.09%、20~21年に0.12%引き下げられるが、22年以降は影響がしだいに緩和されるという。

ベトナムのGDPは17年に2,200億米ドルだった。18年には6.8%成長した場合、2,350億米ドルになると予想される。


関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(00:24)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン