• 印刷する

精神衛生への配慮を、労相令で規定

インドネシア労働省は、4月に公布した労働安全衛生に関する労相令で、「精神疾患」を職業に関連する疾病として認めていたことが明らかになった。これに伴い、企業は建設現場での労災防止などに加え、従業員の精神衛生にも配慮することが求められる。8日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

新しい労相令は、企業が従業員のストレス管理や精神的な問題の予防に努めることを義務付け、職業訓練やカウンセリングなどを提供するよう求めている。従来の労働衛生についての規定は、1964年に発布されたものだった。

マスコミやクリエーティブ産業の労働組合「シンディカシ」によると、これらの産業に従事する労働者の32%近くが、従来の労働法で規定された1週間当たり40時間を上回る、48時間以上の長時間労働を余儀なくされている。エレナ会長は、新たな規定の公布に歓迎の意向を表明した上で、「新規定を取り入れた企業向けの労務ガイドラインを策定している」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中が胸を痛めたノー…(04/23)

メイジ、新社屋に本社移転 「健築」な造り、来月に業務開始(04/23)

コクヨ、家具事業でインドネシアに現法設立(04/23)

トヨタ、小型SUVのHVモデルを投入(04/23)

国産車エスエムカ、2モデルの先行予約開始(04/23)

ブルーバード、国内初のEVタクシー導入(04/23)

ジョクジャ新空港、29日に国際線の供用開始(04/23)

AP2、首都第2空港の候補地3カ所を選定(04/23)

南スラウェシ州にもLRT敷設、4路線計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン