• 印刷する

2Qの政権満足度は横ばい、SWS調査

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)による政権の満足度調査で、ドゥテルテ政権の2018年第2四半期(4~6月)の満足度指数は58だった。前回3月の調査から横ばいとなった。

調査は6月27~30日に全国の成人1,200人を対象に対面形式で実施した。「満足」と答えたのは69%、「不満」は11%だった。

満足度指数は満足から不満足を引いた値で、70以上が「極めて満足」、50~69が「非常に満足」、30~49が「満足」に分類される。ドゥテルテ政権は17年第4四半期(10~12月)に過去最高の70を記録していた。

地域別の満足度指数はミンダナオが76、首都圏を除くルソンが54で、それぞれ前期を4ポイント上回った。マニラ首都圏は47、ビサヤは56で、それぞれ9ポイント、1ポイント下落した。

階層別では中間所得層以上に当たるABC層が前期を25ポイント上回る81で過去最高を更新。貧困層に当たるD層は2ポイント下落の56、最貧困層のE層は8ポイント上昇の62だった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外食マックス、下半期に50店を新規出店(17:44)

7月の外国人証券運用、5300万ドル買い越し(17:47)

2019年の祝休日発表、合計19日(20:00)

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン