• 印刷する

香港住民の就業許可廃止へ、中央政府

中国国務院(中央政府)は3日、香港、マカオ、台湾の住民が中国本土で就業する際に申請の必要があった就業許可を廃止すると発表した。

これまでは香港住民が本土で就業する場合、就業証を取得する必要があった。雇用主は会社の営業許可や労働契約といった複数の文書を提出しなければならず、香港住民の本土での就労を妨げる要因になっていたとされる。

就業許可の廃止後、中国人事社会保障省(人保省)が3地域の住民に対する失業や労働権益保護などに関する措置を定める。

4日付大公報によると、親中派政党・民主建港協進聯盟(民建聯=DAB)は、就業許可の廃止が香港住民の本土での職業選択の自由を高めるとして、歓迎の意を表明した。

中国の習近平総書記(国家主席)は昨年7月に開かれた香港返還20周年の記念式典で、香港住民が本土で就学、就業、生活する上での利便性を高めていく方針を明らかにしている。


関連国・地域: 中国香港マカオ台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

高級タクシー導入、政府が条例案提出(04/23)

1~3月の失業率、12期横ばいの2.8%(04/23)

労工処の就職説明会、18年採用率は1.4%(04/23)

香港の出張費、2年連続でアジア首位に(04/23)

続落、休み前で静かな相場に=香港株式(04/23)

大湾区で保険アフターサービス、本土と交渉(04/23)

宝飾2社の1~3月期、改善進む(04/23)

辺境モール、免除のはずの賃料請求で紛糾(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン