• 印刷する

IMFによる金融分野の評価、5年ぶり実施

シンガポールの金融管理庁(MAS)は1日、同国が今年、国際通貨基金(IMF)の金融セクター評価プログラム(FSAP)の評価を受けると発表した。2013年に続き、これが3度目となる。

今年11月と来年2月の2回にわたってIMFの視察団がシンガポールを訪れ、MASや他の政府機関、金融機関、学術機関などの上級幹部と面談。金融機関の財務の健全性、MASによる規制や監督体制、金融危機の際の関係当局の対処能力などを評価する。報告書は来年下半期(7~12月)に公表される予定。

FSAPは1990年代後半のアジア通貨危機を受け、99年に導入された。IMFが「主要な金融センター」と見なす国・地域を対象に、5年ごとに金融システムの安定性を評価するもので、シンガポールも対象に含まれている。

前回13年のFSAPの報告書では、銀行、保険、証券業に対するシンガポールの規制・監督は国際基準に沿っており、銀行や保険会社は金融危機に対処できる能力を備えているとして、「シンガポールは健全で安定した金融センター」と評価されていた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(19:18)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(21:20)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(19:18)

テイクオフ:ギャンブル依存症は恐ろ…(04/23)

乗用車の新規車両登録15%増 1~3月、上位メーカーけん引(04/23)

農産物流通スタートアップ、資金調達を完了(04/23)

不動産キャピタランド、裁量型ファンド始動(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

スマート公営住宅、第2弾は西部テンガで(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン