• 印刷する

テイクオフ:「ミャンマー軍に子供が…

「ミャンマー軍に子供が殺されるのを目の前で見るしかすべがなかった」「その後レイプされ、死にそうになるまで暴行を受けた」――。バンコクで開催中の写真家、パトリック・ブラウン氏の写真展「EXODUS」では、悲惨な言葉とともに、女性らの無表情で遠くを見つめる顔が並ぶ。その瞳の中に、「希望」という言葉はおそらく存在しない。

彼女らは、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ。約1年前に軍との衝突が拡大し、西部ラカイン州では多くのロヒンギャの村が焼かれた。これまでに約70万人のロヒンギャが、命からがら隣国バングラデシュなどに逃れている。

写真展の会場を出て、きらびやかに輝くネオン街を歩く。華やかで、平和なバンコクの空気を吸うと、彼女らの絶望もどこか遠くの出来事のように思えた。ただ、惨事は紛れもなく、隣国で起きている。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

インドネシアの自動車部品企業、福岡で商談会(10/23)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(10/23)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン