• 印刷する

テイクオフ:「健康カードができまし…

「健康カードができましたので、管理事務所へ取りに来てください」。自宅アパートの掲示板にこんな張り紙をみつけた。4棟のタワーに住む、カード申請者の名前がずらり。その数、1棟につき20人ほどもいる。

インドネシア語で「KIS」と呼ばれるこの健康カード。経済的に恵まれない層を対象にした、医療費を無償にする行政サービスを受けられる人が使う。ジョコ・ウィドド政権が発足して間もなく、石油補助金を削減して燃料価格を改定したのと引き替えに導入した政策だ。掲示板に書かれた名前だけで性別はわからないが、アパートに住み込みで働く家政婦さんたちなのかもしれない。

センシティブな問題なはずなのに、それとは対照的といえる実名の掲示。やれ個人情報だの、プライバシーの問題だのと、彼らが声を上げられる日は、まだまだ遠い先なのだろうか。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン