• 印刷する

《日系進出》青木フルーツ、海外初出店へ

青木フルーツホールディングス(福島県郡山市)は、今年第4四半期(10~12月)に開業する見通しのタイの首都バンコクのチャオプラヤー川沿いの大型複合施設「アイコンサイアム」にフルーツジュース店「果汁工房果琳(かりん)」を出店する。同社が海外に進出するのは初めて。

同社の担当者は30日、NNAに対し、店舗出店に向け資本金200万バーツ(約666万円)で合弁会社アオキフルーツ(タイランド)を設立したと明らかにした。青木フルーツが49%を出資する。日本人が1人常駐する見通し。

日本のフルーツジュース市場はまだ拡大しているものの、次の展開を見据えて海外出店を決めた。タイは経済成長している上に安全で親日国であるほか、果物の輸入にかかる関税や検疫のハードルが低いことも進出を後押ししたという。

1号店は販売スタンドで、店舗面積は16平方メートル。ジュースは200~300バーツで販売予定で、原料となる果物は日本から冷凍・生で8割を輸入する。担当者によると、日本の果物の魅力を伝えるため、日本全国の旬のモモ、ナシ、ブドウ、リンゴ、柿などを使用する。タイ限定メニューも販売する見込み。1号店の販売状況を見て、他の商業施設などへの出店も検討する。

青木フルーツホールディングスは、日本で果琳188店を含む210店を展開。来年2月末までに10店増設する計画だ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 農林・水産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

レムチャバン港入札、応札1社でやり直しへ(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン