実業家4人を米の制裁対象に、国際NGO

汚職防止などに取り組む国際非政府組織(NGO)「グローバル・ウィットネス」は、民主主義の後退を懸念してカンボジアに制裁措置を実施している米国政府に対し、カンボジア政府と深い関係にある実業家を制裁対象に含めるべきと訴えている。フン・セン首相など政府幹部と癒着する…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(16:05)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

自転車輸出額、今年は昨年実績超えも(08/05)

1~7月の精米輸出量、38%増の42.6万トン(08/05)

カンボジア・ポスト、国際郵便を一部再開(08/05)

履物業界、EUに経済制裁の延期要請(08/04)

観光・航空業界向け免税措置、9月まで延長(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン