• 印刷する

農業を6次産業化、政府が推進策確定

韓国政府が、農業・農村による生産から加工、販売までの「6次産業化」を推進する。

農林畜産食品部がまとめた農業6次産業化推進策が26日の国家政策調整会議で確定された。2017年までに売上高100億ウォン(約8億8,800万円)以上の6次産業農家1,000世帯育成を目指す。農家の農外所得の増加率は現在4.6%だが、6次産業化を通じ7.5%に引き上げる方針だ。新たに農村地域の雇用を毎年5,000人ずつ増やし、17年までに2万人を創出する。

地産地消を促すため、現在16カ所の農産物総合加工センターを拡充し、6次産業化の創業保育センターを運営する。6次産業育成体系を構築し地域のネットワークを強化する一方で、人的・制度的な基盤を造ることにした。成長の可能性がある経営共同体を6次産業化事業者として認証する制度を導入する。

年内に農村産業支援特別法を制定し、6次産業化の実態調査や地域ごとの基本計画策定、支援組織設立など、法的な根拠を整える計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:経済規模10位の経済大…(04/21)

南亜科技がDRAM新工場 10ナノ級生産、1.2兆円投資(04/21)

廃ペットボトルを衣料品に 広がる循環経済、ラベルレス普及(04/21)

コロナ新規感染、2日連続で500人台(04/21)

高級輸入車の販売増、消費スタイルに変化(04/21)

LPGトラックの販売急増、補助金が後押し(04/21)

SKが米に電池2工場建設へ、6000人を雇用(04/21)

3月の輸出額16.5%増、コロナの反動で(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン