華新科技、私募引き受け先に太陽誘電の観測

受動部品台湾大手の華新科技(ウォルシン・テクノロジー)が5月に決定した私募増資の引受先が、積層セラミックコンデンサ(MLCC)など各種受動部品大手の太陽誘電になるのではないかとの観測が出ている。経済日報が伝えた。 業界内関係者によると、MLCCでハイエンド製品…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(12/04)

新型コロナ感染者、693人に(15:20)

月給3万未満が2割台に低下 賃金の上昇続く、飲食業に影響も(12/04)

来月の人材需要4.2万人増、過去6年で最大(12/04)

鴻海の11月売上高が過去最高、前年比1割増(12/04)

友達が海外工場新設を検討、東南アが有力(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

パネルや受動部品各社、春節も工場稼働(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン