• 印刷する

都心のオフィス、5割はテクノロジー企業

ウィワークは9月までにCBDで運営するコワーキングスペースを3カ所に増やす。写真はウィワークが運営するシンガポールのコワーキングスペース(同社提供)

ウィワークは9月までにCBDで運営するコワーキングスペースを3カ所に増やす。写真はウィワークが運営するシンガポールのコワーキングスペース(同社提供)

米不動産総合サービスのジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、インドネシアの首都ジャカルタの中央商業地区(CBD)で、第2四半期(4~6月)に貸し出されたオフィスのうち、金融とITを結び付けるフィンテックや電子商取引(EC)などテクノロジー関連企業が5割以上を占めた。

現地法人JLLインドネシアのジェームズ・テイラー調査部門長は「特にコワーキングスペース(共用オフィス)は地場・外資系企業共に利用拡大が目立った」と説明した。業界最大手の米ウィワークは9月までに新たに2カ所を開業する。スディルマン通りの「シナールマスMSIGタワー」やスディルマン中央商業地区(SCBD)の「レベニュー・タワー」などグレードAオフィス3カ所で合計1万2,400平方メートルほどを賃貸している。

■日本人の単身者は東部工場近くに

ジャカルタの住宅事情では、一戸建てなど低層住宅の需要が好調で、1~6月の成約率は71%と、コンドミニアム(分譲マンション)の63%(第2四半期)を上回った。一方で、選挙の動向や不安定なルピア通貨、中古物件の価格低下などを背景に、住宅購入を買い控える動きもある。

JLLインドネシアの担当者によると、年初から西ジャワ州チカランなど首都圏東部の工業団地付近に住む日本人駐在員が増えてきた。住宅や日本食レストランなどが増え、生活環境が充実してきたため、企業は単身者を工場近くに住まわせるようになった。ジャカルタから長時間かけて車通勤する際に交通事故に遭うリスクの軽減や、運転手のコスト削減などにつながっている。ただ、日本人向けの学校や駐在員の家族同士の交流が少ないことから、単身者に限られているという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン