公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み

フィリピンの地方自治体レベルで、公共交通機関の車両を電気自動車(EV)化する事例が出始めている。中央政府による伝統的なトライシクル(三輪タクシー)とジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の近代化プログラムは停滞しているものの、排ガス問題に対処するため自治体は導入…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(16:46)

大手診療所チェーン、シティーモールに開設(16:46)

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン