公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み

フィリピンの地方自治体レベルで、公共交通機関の車両を電気自動車(EV)化する事例が出始めている。中央政府による伝統的なトライシクル(三輪タクシー)とジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の近代化プログラムは停滞しているものの、排ガス問題に対処するため自治体は導入…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アラバンに住んでいます…(01/24)

結核検査キットを世界展開へ 栄研、フィリピン足掛かりに(01/24)

ANA、フィリピン航空との提携強化検討か(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(01/24)

自治地域樹立で成長に弾み、NEDA見解(01/24)

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(01/24)

比人へ短期就労ビザ発給停止、米国が1年間(01/24)

中銀総裁、舌がん治療の休暇を延長(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン