• 印刷する

フォーチュン中国500社、1位今年も中石化

米経済誌フォーチュンの中国語サイト「財富」は11日、2018年版の中国企業500社ランキングを発表した。投資銀行の中国国際金融(CICC、中金公司)の財富管理部と共同で内外上場企業の17年の売上高を基にランク付け、分析したもので、500社の総売上高は前年比18.2%増の39兆6,500億元(約665兆円)、純利益の総額は24.2%増の3兆4,800億元に達した。

売上高の1位は国有石油大手の中国石油化工集団(中石化、シノペック)で2兆3,601億9,300万元。次いで同業の中国石油天然ガス(中石油、ペトロチャイナ)の2兆158億9,000万元だった。3位は国有ゼネコン大手の中国建築で1兆541億650万元。売上高が1兆元を超えたのはこの3社で、順位も前年と同じだった。4位には保険大手の中国平安保険(集団)が8,908億8,200万元で付け、国有企業以外では最高位となった。

利益のランキングでは、中国工商銀行(ICBC)が2,860億490万元で1位となったのをはじめ、中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の国有4大銀行が上位4位を占めた。またインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)が7位、電子商取引(EC)大手の阿里巴巴集団(アリババ・グループ)が10位に入った。

500社のうち赤字を計上したのは10社。最大は中石化系の探査・掘削サービス大手、中石化石油工程技術服務で105億8,200万元の赤字となった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン