• 印刷する

テイクオフ:ロシアで開催中のサッカ…

ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)も準決勝が始まり、いよいよ大詰め。日本代表は惜しくもベスト8入りを逃したが、前評判を覆す見事な戦いぶりで、日本国内は大いに盛り上がったようだ。

思い返せば、シンガポールに赴任する前の2015年。アジア2次予選の初戦で日本が同国と対戦するのをテレビの前で見守ったが、格下相手に引き分けで終わり、先行きに不安を覚えたものだった。ただ、多くの選手が欧州で活躍する日本と比べて個々の能力で劣るのは否めないものの、シンガポール代表がよく戦ったのも確かだ。

今回のW杯では、初出場のアイスランドがサッカー大国アルゼンチンに引き分けたのも話題となった。同国の人口はわずか35万人ほど。それに比べればシンガポールは10倍以上だ。本大会出場を懸け、最終予選で日本とシンガポールが戦う――。いつか、そんな試合を見てみたい気もする。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本ロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「中国革命の父」と呼ば…(03/27)

2月製造業生産は0.7%上昇 プラスに転換も電子など不振続く(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

中小企業の景況感、1~3月期は引き続き悪化(03/27)

SBイノベンチャー、日本食の輸出支援開始(03/27)

三井不動産、地場プロップネックスと提携(03/27)

航空機整備のシンガ越合弁企業、設立認可(03/27)

サムウォとJTC、建設の技術革新で提携(03/27)

アジア生産性機構、リンフィニティーと提携(03/27)

シンガ越合弁、HCM市にツインタワー建設(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン