《知財》知財フェア、ジェトロが保護の取り組み紹介

タイの首都バンコク東部バンナーの展示場「バンコク・インターナショナル・トレード&エキシビション・センター(BITEC)」で6~8日、特許や商標、意匠など知的財産(IP)に関する啓発イベント「IPフェア2018」が開かれた。日本からは日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所がブースを設け、知的財産の保護に関する日本政府の取り組みなどを紹介した。

IPフェアはタイ商務省知的財産局(DIP)が2006年から毎年、開いている。ことしは約250の企業や団体、政府機関が参加。特許などの取得に関する相談受け付けや、セミナー、特定の地域で生産された商品に使用が認められる地理的表示(GI)を得た商品の販売などを行った。

日清製粉のパスタを試食するチュティマ商務副大臣(左)=6日、バンコク(NNA撮影)

日清製粉のパスタを試食するチュティマ商務副大臣(左)=6日、バンコク(NNA撮影)

ジェトロのブースでは、日清製粉グループのタイ日清製粉(宮嵜英二社長)が、6月に冷凍生パスタの特許をタイで取得したと発表。フェア開会式に出席したチュティマ商務副大臣に紹介した。

宮嵜社長が「特許の取得には通常10年かかるが、ゆでたてのパスタを急速凍結する技術をセミナーで説明した結果、5年で特許を取得できた」と明かすと、チュティマ副大臣は「次は小麦粉ではなく、コメのパスタも開発してほしい。グルテンフリーなので、市場は大きい」と応じていた。

タイ日清製粉は、年内にも冷凍生パスタの販売を始め、外食店を中心に売り込む。

このほか、ジェトロのブースでは、「バオ バオ イッセイ ミヤケ」のバックやヨネックスのバドミントン・ラケットなどの本物と模造品を展示。さらに、タイ当局の特許出願審査のスピードを速めるため、16年以来、日本から延べ12人の審査官がタイを訪れ、人材育成に努めていることなどをパネルで紹介した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)産GI商品の即売ブースでは、インドネシア各地のコーヒーが出品され、チュティマ副大臣も試飲して、味を楽しんでいた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家族や友人に説明する時…(07/23)

伸び堅調、中間層の旅行需要 ヤンゴンで国際観光エキスポ(上)(07/23)

1~6月の輸出は11%増加 過去7年で最高、通年9%も視野(07/23)

経営共創基盤が進出5周年 常駐協業型支援を現地企業にも(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

ADB、成長率予測を4.2%に上方修正(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

マツダ、小型SUV「CX―3」の新型発表(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン