• 印刷する

郵政省、香港のスマートシティ企業と覚書

カンボジア郵政省は2日、香港のスマートシティ(環境配慮型都市)開発を手掛ける企業と覚書を交わした。通信情報技術(ICT)などの専門知識を吸収するのが狙い。複数の現地メディアが伝えた。

教育機関「国立郵政・電気通信・ICT研究所(NIPTICT)」、香港の智慧城市連盟(スマートシティ・コンソーシアム)などが合意した。カンボジアが目指すスマートシティ開発の基盤作りを視野に入れる。

金融とITが融合した「フィンテック」や仮想通貨の基幹技術「ブロックチェーン」、モノのインターネット(IoT)といった分野でノウハウや技術を学ぶ。行政サービスの電子化の促進やサイバーセキュリティーの強化にもつなげる。


関連国・地域: 香港カンボジア
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

経済活動の100%再開を勧告へ 感染1桁台が1週間なら、保健省(06/01)

コロナ感染新たに1人、累計125人(06/01)

米ドル少額紙幣を回収、使用停止に向け準備(06/01)

農業地方開発銀、融資支援でウイングと提携(06/01)

失業補償金の支給状況、一部州ではまだ3割(06/01)

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

1~3月の株式時価総額、22%減(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン