• 印刷する

豪観光局長、「日本はターゲットの一つ」

オーストラリア政府観光局(TA)のジョン・オサリバン局長は28日、シドニーの外国人記者クラブで、オーストラリアの観光産業の現状や展望について話し、日本と中国、カナダを主要ターゲット3カ国として観光誘致のキャンペーンを展開していく方針を明らかにした。

同局長によると、昨年通年の海外観光客による消費額は1,050億豪ドル(約8兆5,165億円)で、消費額1位は中国人だった。ただし、インド人観光客の消費額の上昇が顕著なのが特徴という。

観光局は今後のターゲット市場として16カ国・地域を指定しており、中でも特に日本、中国、カナダからの集客を積極化する方針だ。「日本からの直行便は4年前から増えているので、日本は期待のマーケット」と指摘。「ホテルの供給環境も良好とはいえ、都市部だけではなく、地方の観光PRも強化していきたい」と話した。

ワイルドライフや自然やビーチといった従来型の観光材料だけでなく、オーストラリア特有の安心感や、人々の暖かさなどで、他国以上の魅力を創出していきたいとした。

また、若者マーケットも強化する方針で、留学など学業目的だけでなくレジャー目的の若者の訪問者を増やしたり、企業の大型インセンティブを増やしていく方針。

国別の傾向として、英国からは仕事を求める若者が多く、ドイツからは観光の若者が多い。中国からは大企業のインセンティブ団体旅行が多いとしている。また日本人を含めた海外からの若者のリピーターを強化するため、初めて訪れる観光客を大切にしたいと話した。

豪観光局のジョン・オサリバン局長(右側)

豪観光局のジョン・オサリバン局長(右側)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:拡大する山火事を尻目に…(01/17)

豪株式、初の7000ポイント突破 米中合意好感、NZも最高値(01/17)

退職年金利回り通年13.8%、6年ぶり高水準(01/17)

APRA、リスク分析システムを取り替え(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部降雨、山火事緩和も地滑り危機浮上(01/17)

豪主要路線のキャンセル率、カンタス約1割(01/17)

ジーンズウエストも破綻、国内ブランド苦境(01/17)

米投資ファンド大手が石炭投資撤退、豪は楽観(01/17)

豪の重質原油、船舶排出新規制で需要拡大(01/17)

WA州水道局、支払い期間短縮も割引要求(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン