テイクオフ:「ハッピー・プライド!…

「ハッピー・プライド!」。1万人を超える群衆が声を掛け合った。マニラ首都圏マリキナ市は6月30日、性的少数者(LGBT)の象徴、虹色で染まった。1994年から続くフィリピンのLGBTパレード。主催者いわく、今年は過去最大だったそうだ。

支援団体以外に、地場企業の参加も目立った。日本では、LGBTの活動が拡大するにつれ、支持に名乗りを上げる企業が年々増えているように思う。世界で100兆円ともいわれるLGBTの市場を、いかに取り込むか。当地でも、各企業の戦略に関心が集まる。

一方、会場の周辺では、宗教団体が抗議活動を繰り広げていた。世論調査によれば、国民の約6割が同性婚に反対。根強い対立は続く。マリキナ市のテオドロ市長は「合法化は難しい道のりだが、首都圏はLGBTの権利を保障していく」と前向きな姿勢をみせた。行方に注目したい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

セブンイレブン、来年中に3000店舗展開へ(12:28)

テイクオフ:警察官に憧れたコスプレ…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

6月の国際収支、赤字が11.8億ドルに拡大(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

家計消費の伸び率、昨年は中ルソンが最高(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

Baa2据え置きもリスク指摘、ムーディーズ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン