• 印刷する

テイクオフ:「ハッピー・プライド!…

「ハッピー・プライド!」。1万人を超える群衆が声を掛け合った。マニラ首都圏マリキナ市は6月30日、性的少数者(LGBT)の象徴、虹色で染まった。1994年から続くフィリピンのLGBTパレード。主催者いわく、今年は過去最大だったそうだ。

支援団体以外に、地場企業の参加も目立った。日本では、LGBTの活動が拡大するにつれ、支持に名乗りを上げる企業が年々増えているように思う。世界で100兆円ともいわれるLGBTの市場を、いかに取り込むか。当地でも、各企業の戦略に関心が集まる。

一方、会場の周辺では、宗教団体が抗議活動を繰り広げていた。世論調査によれば、国民の約6割が同性婚に反対。根強い対立は続く。マリキナ市のテオドロ市長は「合法化は難しい道のりだが、首都圏はLGBTの権利を保障していく」と前向きな姿勢をみせた。行方に注目したい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アヤラのパンパンガ開発、工業団地が好調(18:32)

BOI、ペトロン新プラントに法人税免除(17:43)

マリオット国内2カ所目、クラークで開業(18:51)

テイクオフ:久しぶりのフィリピン訪…(09/26)

【リーダーに聞く】物流・ジプニーの革新を生む マイキャブ、タクシーは第1歩(09/26)

卸売物価指数、7月は7カ月ぶりに鈍化(09/26)

通販特典ショップバック、比ユーザー拡大へ(09/26)

首都圏の建材卸売物価、8月は7.9%上昇(09/26)

財政赤字、1~8月は60%増の5900億円(09/26)

18年成長率を下方修正、財政悪化など要因(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン