日系6社、生産現場の改善事例を発表

日本能率協会(JMA)は26日、タイの首都バンコクで生産現場管理の事例発表会「ゲンバ・マネジメント・カンファレンス&アワード2018」を開催した。選考を勝ち抜いた在タイ日系企業6社の管理監督者が現場の改善事例を発表し、タイ国トヨタ自動車(TMT)が最優秀賞を受賞した。

日本能率協会(JMA)主催の生産現場管理の事例発表会「ゲンバ・マネジメント・カンファレンス&アワード2018」の様子=26日、バンコク(NNA撮影)

日本能率協会(JMA)主催の生産現場管理の事例発表会「ゲンバ・マネジメント・カンファレンス&アワード2018」の様子=26日、バンコク(NNA撮影)

TMTの現場監督者、チャンチャイ・アシスタントマネジャーは、「人材開発と幸福な職場環境の創出」と題し講演。人材育成についての取り組み「メンバー・デベロップメント・ダイアリー(MDD)」を紹介した。MDDは、作業員の行動を記録しスキル向上に役立てる開発ツール。個人の弱点や強みを分析し教育計画に応用するだけではなく、作業員とリーダーの会話ツールとしても活用されているという。また、効率・能力ともに高い人づくりを目指し「JAI(自立化トレーニング、助言、方針を示す)戦略」を導入したと説明した。

チャンチャイ氏は、「昔はトップダウンの現場管理で効率的ではなかった。事業者意識のある人づくりが大切。いいモノづくりは、いい人づくり」と強調した。

同社は、人材育成と働きやすい職場づくり、フレキシブルな生産を強化することで、17年は3億バーツ(約10億円)のコスト削減を実現したという。

ホンダオートモービル(タイランド)は、車体の塗装面が粒状になる問題を減らすため、ホンダのQC(品質管理)サークル「NHC」を導入・実践した事例を発表。目標の40%削減を達成できただけでなく、作業工程の複雑性も60%低減したという。

このほか、タイ・ヤマハ・モーター、ダイキン・インダストリーズ(タイランド)、三菱電機傘下のサイアム・コンプレッサー・インダストリー、ニッサン・モーター(タイランド)の現場管理監督者が講演した。

同イベントは日本では37年の歴史があり、タイでの開催は今年で3回目。日タイの現場担当者など関係者約600人が参加し、6社の現場改善事例について熱心に耳を傾けていた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車電機製造一般社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アマタが東部で土地取得、工業団地開発へ(07/20)

【スタートアップの挑戦】空港から荷物を当日宅配 手ぶら観光促進、日系と提携も(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

1~6月の二輪販売、1.6%減=陸運局(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

輸送機器パナット、EVトラックの生産検討(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

大型治水プロジェクト9件、来年中に実施(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ネストプロパティー、ホテル開発に参入(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン