• 印刷する

香港の5月輸出額、15.9%増の3514億ドル

香港政府統計処は26日、5月の輸出額が前年同月比15.9%増の3,513億6,800万HKドル(約4兆9,100億円)だったと発表した。16カ月連続のプラス成長。伸び幅は前月から7.8ポイントの急拡大となった。前月比でも6.4%増えた。

輸入額は前年同月比16.5%増の3,946億1,800万HKドルで、3カ月連続のプラス。貿易収支は432億5,000万HKドルの入超だった。

輸出先別にみると、全体の55.4%を占める中国本土は19.2%増の1,945億4,300万HKドルと大きく伸びた。輸出先2位の米国も12.5%増となり、2カ月連続の2桁成長。シンガポール(43.9%増)、タイ(18.6%増)、ドイツ(16.7%増)も伸びた。日本向けは13%増の107億8,300万HKドルとなり、3カ月ぶりにプラスとなった。一方、インド(21.7%減)、台湾(1.9%減)が落ち込んだ。

輸入元別では、全体の44.6%を占める本土からは18.4%増の1,840億1,300万HKドルだった。日本からは8.1%増の213億7,600万HKドルで、伸び幅は前月から2.4ポイント鈍化した。インドを除く主要9市場が増加し、マレーシア(69.7%増)、韓国(44.1%増)、台湾(22.3%増)が顕著に伸びた。

1~5月の輸出額は前年同期比10.7%増の1兆6,242億6,300万HKドル。輸入額は11.9%増の1兆8,440億6,900万HKドルで、貿易収支は2,198億700万HKドルの入超だった。

政府報道官は「世界の旺盛な需要を背景に、複数の主要輸出市場で2桁の伸びを記録した」と総括した。世界経済の成長が短期的に香港の輸出の支えになるとの見通しを示しながらも、米中貿易摩擦によって世界経済の不確実性が高まっているとして、今後の動向に注視すると説明した。


関連国・地域: 中国香港日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府、香港企のAPA買収を正式に却下(16:35)

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

世界人材ランク、香港は18位に後退=IMD(11/21)

10月のCPI上昇率2.7%、横ばいに(11/21)

香港でGI山形日本酒商談会、9蔵元がPR(11/21)

Xマス向け「支出増やす」は6割、市民調査(11/21)

中国粉ミルク、豪市場進出で競争激化(11/21)

トイザらス・アジア、来年68店新設へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン